鍼灸

昨日でレコーディングがほぼ完了。この事はまた後日書くとして。

最近、「鍼」に通ってるのよ。
背中や首や脳天に鍼をプスプス刺された状態で、
「う〜ん、中国4000年の歴史は凄い…。」などと
ベタな感想しか思いつかないくらい、体の痛みが取れていくのよ。
「あ〜気持ちいい。先生、ついでに俺の心の痛みも取って〜。」

時折、俺の首から数本の鍼を抜き忘れたまま
「はい。今日はこれで終わりです。」と
診療の終了を告げる先生に、
「おいおい(汗)。これじゃまるでちょっと変わった
 パンクロッカーじゃんか。」と
心の中でしかツッコミを入れられない内気な自分が嫌い。