夢の話でも話そうか

あの日、「責任を背負う」なんて
格好の良い言葉を吐いた君。
自分で選んだはずの寂しさに流されて
耳に心地の良い無責任な言葉だけを頼りに
何ひとつ背負う事も出来ず
結局また同じ事を繰り返す。
そんな君の言葉はもうボクには届かない。
そんな夢のお話。