トイレットペーパーと消臭剤

ここ最近、なんか重〜い内容が続き、
日記を読み返すもう一人の自分が
ゲンナリしている感も否めないので、
ここらで初心に立ち返るのだよ。

本日、トイレットペーパー12ロール購入。
“次の場所へ引っ越したら、
新しいトイレットペーパーの封を開けて__"、
などと子供じみたコトを本気で考えていたのだけれど、
出物腫れ物ところ構わずで、持つはずもなかった。
「引っ越し」という行動そのものが、昨日今日で解決する
モノでないコトぐらい、誰の目から見ても解るだろうに、
それでも昨日一日は『本気』でトイレを我慢して、
「こ、この歳で漏らしちゃうのか、おひ。」的な
気分を久々に味わったのだよ。

トイレットペーパーと一緒に、
部屋の消臭剤も買ったのだけれど、
「香りのタイプ」をいちいち選んで買う人間でもなく__。
そのせいで今、部屋の中は『怪しいお店の待合い室』の
香りが充満しているのだよ。
一人ぼっちの部屋でうかつにもソワソワしてしまった、
______________そんな自分がちょっと好き。

(コメントを書く)