はらイズム

はらたいら氏の通夜に行ってきたのだよ。
斎場入り口には多くの野次馬と、
煌々と照明をたく各マスコミ関係者。
入り口手前で少したじろぐ小心者な自分。
だって、ネクタイは未だにバッグの中なわけで。
自分のような名も無きミュージシャンに
カメラを回す局があるはずもないのだけれど、
真っ昼間みたいに明るいその場所を
ノーネクタイ、しかもシャツのボタンも止めきって
いないそんな格好で通れるわけないでしょ。
いそいそと脇から入って、すぐにトイレに飛び込む。

「無理して慣れないスーツ着て来るより
 ツカサらしい格好で来たらえい。」

たいらさんならきっとそう言ってくれるに違いない。
トイレで締め慣れないネクタイを締めすぎて、
軽い呼吸困難になりながら、ふとそんな事を思ったのだけれど、
故人のイタズラ好きを考えると、例えばパーティー等の前日、
「オレもジーンズで行くき、ツカサもジーンズで来い!」
と、無頼漢を装っておきながら、
当日、自分はちゃんとした格好で来て、
「ツカサ、ジーンズはないだろジーンズは(笑)。」などと、
平気な顔して言う人だから、
ここはスーツを着て来て正解なのだよ。

明日の葬儀には、今日以上の参列者と各界著名人が来ることだろう。
自分は今日、故人に伝えておきたいコトは伝えたし、
棺の中で安らかに眠る顔も拝めたので明日は出席しない。

「かまん、かまん。死んだ人間は死んだ人間で上手ぉやるき。
 おんしゃは、生きちゅう人間を大切にせぇよ。」
ウィスキーグラスを高々と掲げて彼が笑う。

(コメントを書く)