静かな時間

東京地方、雨。
日付が変わった午前0時過ぎ、
「しばてん魂レヴュー02」の版下DATAを
ネットで印刷業者に入稿。

しばしの間、パソコンの前から離れ、
リビングの床で腕立て伏せを始めたのだけれど、
そんなに長い時間出来るほど若くもなく、
すぐに仰向けになり、傍にあったゴムボールを
天井めがけて投げてみる。
遠ざかってはすぐに近づいてくる緑色のボールを
受け止めては投げ、受け止めては投げ____。

受け損ねて、手元から離れ転がってゆくボールを
そのままの体勢で見送った後、
輝度の下がった蛍光灯をボンヤリみつめる。

いろいろと想うコトはあるのだけれど、
その前にしなきゃならんコトもたくさんあるのだね。

例えば、そろそろ蛍光灯を取り替えなきゃいかんように。

(コメントを書く)