文旦を分担….言っちゃったよおひ

先日、高知のファンの方から
段ボールいっぱいの「文旦」(ブンタン)を頂いた。

地方によっては「ボンタン」とも「ザボン」とも
呼ばれるコレの事を余り知らない人に説明する時、
ついつい面倒くさがって、「グレープフルーツみたい
なもん」と、言ってしまうのだけれど、文旦の方が
ルーツ的には古く、そこから自然交雑して生まれた
品種の中にグレープフルーツ等が含まれるそうな。

毎年12月頃に市場に出荷されるハウス栽培モノも
好きなのだけれど、今の時期、南向きの山の斜面で
太陽をいっぱい浴びた路地栽培の方が身もプリプリ
していて、個人的には好きなのだよ。
豊胸手術済みでカタチの整った胸よりも、多少そのカタチが
貧相でも、やはり自然な揺れ方をする天然が好きなように。
オッサン的表現で申し訳ない。

話を元に戻して。さて、この段ボールいっぱいの文旦。
丁度、風邪による熱と喫煙でビタミンが不足し過ぎて、
口元に吹き出物が出来ていた自分にとっては、とても
有り難い贈り物なのだけれど、到底一人では食べきれ
ないのだよ。届いたその日に数個は新宿2丁目の馴染みの
店に持って行ったのだけれど、さてさて、残りは誰に
お裾分けをしようか_______________。
数個は☆ヒロさん宅へお届けにあがるとしても、まだ余るし。
元嫁のトコロに持って行ってあげるのもなんだか変な話だし。
風呂の浴槽に浮かべるのももったいないし。

文旦好きな人で、尚かつ、近くまで取りに来てくれる人。
是非連絡下さいませ。

(コメントを書く)