怠け者とか怠け者とか

昨日に引き続き、朝8時から、ぶっ通しで12時間、
しばてん魂レヴューのパンフレット作りに勤しむ
マジメな怠け者。

昼間、主催者のU氏と電話で話した結果、
金曜の正午までに印刷業者への入稿を完了しないと、
イベント当日に間に合わないということが判明した為、
マジメに成らざるをえないのだよ。

夜9時。既に「おねむモード」の体に熱いシャワーを
たたき込んでから、渋谷のスタジオに出かける。
今夜は、次回のライブに向けたヘンシモのリハーサルで、
全3回のうちの第1回目。

毎度の事ながら、第1回目のリハーサルはライブで演奏する
候補曲をあげ、メンバー各々が、そのコードやフレーズ・
歌詞等を遠〜い記憶の底から掘りおこしながらの演奏なので、
極端な話、リハーサル第1回目のヘンシモは、そこらへんの
中学生バンドよりも不安定だったりするのだよ。
メンバー全員が挙動不審。

それでもヘンシモの凄いトコロは、
今回、何年降りかに演る予定の曲や事実上新曲となる曲を、
譜面も無い状態から、演奏を繰り返すその度に
「イイ感じ」に仕上げてゆくその実力。
自分のバンドを自慢するのも、こっ恥ずかしいのだけれど、
一緒にやっていて本当に楽しいのだよ。

そんなこんなで、あっというまにリハーサル終了予定時刻の
午前2時を迎える。
「この調子やったらなんとか大丈夫やね。」
「そやね。次回のリハまでに忘れんかったらね。」
「それはふつーにあり得るね。」
__________________いい加減な怠け者達。

(コメントを書く)