ぽかぽか陽気なのに

「いい加減にせぇ!!」
自分の怒鳴り声で目が覚めた明け方4時。
その怒鳴り声の対象は、夢の中のあの人へだったり、
そんな夢を見てしまう自分への苛立ちだったり。

いつまで自分はそんな夢を見続けなければ
いけないのだろうね。これも罰のひとつだとしたら、
全く嫌になる。

夢は、自分が不安に感じるその出来事が
もしも現実に起きた時の為の、
心のショックを和らげる為の人間の無意識な
防衛本能だとか、ユングかフロイトの本で
読んだ事はあるけれど、
これから先、永遠に必要の無い予行演習なら、
見たくもないのだよ。

外はぽかぽか陽気。
確実に春は近づいて来ているってゆーのに、
自分はまだ深い穴の底で、
丸く切り取られた灰色の外界から降ってくる
冷たい雪を、ただ頬で受け止めるしかない、
そんな状況を打破出来ない自分自身への
腹立たしさでいっぱいの日曜日。

__________________いい加減にせぇ!!