バリアな話

子供の頃、遊び仲間同士でよく「バ〜リア」とか
「エンガチョ」とかが発令される時、
発令された側は不思議とバリアやエンガチョを
した相手に「触れちゃいけない」気分になり、
またそのルールを忠実に守っていた。

憲法改正が話題に上る昨今、
戦争の放棄を謳った憲法第9条が
なにかと取り上げられるけれど、
そんな事話し合っている暇があったら、
日本の持てる限りのテクノロジーを駆使しまくって、
「日本全国土防衛バリア」でも作ったらいかがなものか。
国民にも秘密裏でいいし、もちろん同盟国アメリカにも
内緒で作ればいいのだよ。

で、いざ他国からのミサイル攻撃があった時に、
「実は日本はバリアで守られてんですよ、えへへ。」と、
初めてそれらをお披露目すればいいのである。

「バリア」で防衛するのだから、
今巷で流行っている防衛の為の核兵器も必要ない。
「バリア=亀」か「核兵器=ハリネズミ」の違いなのだよ。
そしたら、建前上「日本を守っている」アメリカ軍も
要らなくなるわけだし、尻拭い的なPKOや援助基金だって、
独自の判断でYES・NOが決められるってもんだ。

もちろん、防衛バリアしか持っていないので、
自国の利益となる経済問題を含めた外交交渉には
幾分不利にはなるけれど、何処かの大国のように、
暴力をチラつかせて、「自分トコの製品を買え」だの
「思想を買え」だののやり口は、見方を変えれば、
今の時代ナンセンスなわけで、
それこそまっとうな人間らしく、
「良い物作りました。必要なら買ってください。」の精神で
正々堂々と商売をしたらいいではないか。

そろそろ目覚めろニッポン人!!
と、妄想たくましく、
卵かけご飯を口にかき入れる憲法記念日______。

(コメントを書く)