サマドラ後記

つのだ☆ひろ氏主催の第28回サマードラムスクール(以下sds)
も無事終了。ボーカリスト・フロントマンであるという
『自分自身の存在理由』を限りなく押し殺し、
スタッフ(主にマイク・マンジーニの護衛)として潜り込んだ今回のsds。

睡眠時間2時間と荷物の搬出搬入作業でボロボロ状態の体と、
15+30の答えがすぐに出てこないほど既にドロドロ状態に
溶けた脳みその自分。自分の目の前には、そんな自分と同じ
くらい疲れているであろうひろさん夫妻。

それでも3人でいろんな事を、帰京当夜、
途中それぞれ気を失いかける場面はあったにせよ、
それはそれは熱く話し合った。

「お疲れさまでした。」
玄関先の詠子さんと舗道で餌をついばむ雀たちに見送られ、
駅までの道を歩き出したのだけれど、足を一歩踏み出す度に、
溶けた脳みそが耳の穴からこぼれてきそうな朝5時過ぎ___。

(コメントを書く)