よさこい祭り

郷里・高知の方では今日から"よさこい祭り"が
行われている。タレントの広末涼子さんも
毎回地元の商店街のチームで参加するこの祭り。

祭りと言っても、神事ではなく、
一説では高知城築城の折、作業現場で唄われた
木やり節の変化したもので「ヨッシャコイ」。
また一方では、その昔、高知の芸者衆がお客を呼ぶ為に、
「よさこい♪よさこい♪(夜に来い=今夜来てね)」と
高知の町を踊り歩いたとされる説もある。
いずれにせよ"よさこい祭り"は神様を奉る祭りではなく、
カーニバルなのである。

カーニバルゆえに踊り子のほとんどがトランス状態なので、
“よさこい祭り"の舞台裏はいろんな意味で面白い。
ボク自身もよさこい祭りにはミュージシャンとして
若い頃から何回か参加させてもらっているので、
そんな祭りの舞台裏の方が祭りの思い出として
残っていたりする。

急性アルコール中毒で夜の道路に大の字で寝ころぶ
後輩の青白い顔だったり。
警察車両を1人でひっくり返そうとして連行されて行った
力持ちの友人の連行される時の笑顔だったり。
祭り打ちあげの夜、イケ好かない野郎と2人で
暗闇に消えていった憧れのヒロインの横顔だったり。
その後、ヤケで飲んだ酒に悪酔いし、数時間後、
瞼の青タンを氷で冷やすボクのはがゆさだったり___。

う〜、あまり良い思い出ではなかったな。ぢゃ。

(コメントを書く)