芝居を観に

今日は「FICTION」の芝居を観に新宿へ。
もともとドラマやCFの仕事をしていたにもかかわらず、
「演劇」とか「芝居」というその響きが苦手で、さらに
「面倒くさがりタイプ」なボクのような者にとって、
演劇鑑賞ほど足が遠のくコトはない。
それに重ねて、知人に無理矢理連れて行かれたり、
誰かへの義理を果たす為に仕方なく観に行った芝居が
どーしよーもなくつまらなかったりした事もあり、
今では自分でチケットを買ってまで「芝居」を観に行こ
うとは思わないのだけれど、この劇団「FICTION」は別。

ボクのような「観劇被害者」が抱く「敷居」。
「演劇」という響きに含まれる、一見高そうに見えたり、
またぐのが面倒臭いその敷居を観客の目線まで持ってきて
楽しませてくれる。

ひとつのテーマに沿って、哀しみの中で見せる人間の滑稽さ
だとか、どんな場面でも抜けきれない個人の癖だとか、
ヒトの性っちゅーか業っちゅーか、普段は人々が気づかない
であろうそんな細かいディテールを表現しながら、
それはそれはイヤらしい箇所を突いてくる舞台に、
ボクらは笑い、時に心打たれる。

そして今夜も笑い、最後は「ええ話やぁ〜。」と
上手いコト彼らに丸め込まれて劇場を後にした。

(コメントを書く)