再会

朝、チャイナタウンの定宿をチェックアウトし、
重い荷物を背負ってプゥドゥラヤ・バスターミナル(以下:PBT)まで歩く。
昨日、こっちで使用する為のプリペイド携帯電話も買ったし、
もぅこんな東京みたいな都会には用はない。

PBTの食堂で朝食ナシゴレン3.5RM(約105円)&コピアイス1.3RM(約39円)
を食べ、腹も満たされたAM10:30、定刻より少し遅れてルムッ行きのバスが発車。
目指すはパンコール島♪

バスの旅約4.5時間。途中、イポーとシタワンで客を降ろし、
ようやくルムッに到着した。フェリーターミナルで往復チケット10RM(約300円)を
買ってフェリー乗り場へ。ホリデーらしくすごい人の行列が出来ていた。

フェリーは約30分弱でパンコール島に着く。
タクシーでTelok Nipah(ニッパー・ベイ)まで10RM(約300円)。
代金はルムッ行きのバス車内で知り合った
フランス人のご夫婦に出してもらった。

Telok Nipahに到着。ボートトリップなどのビーチサイドビジネスを
生業としているノンさんとの約3年ぶりの再会。
他のみんなもボクの事を覚えていてくれて、
口々に「トゥカサー♪トゥカサー♪」と笑顔を見せてくれる。
なんだか故郷に帰って来たみたいな気分だ。

ノンさんに日本からの土産の「トルクレンチセット」を渡す。
実を言うと、これがボクの荷物の中で一番重かったのだよ。
だからいの一番にこの島に来たってわけで・・・。

とにかくこの島でゆっくり過ごそう___。

(コメントを書く)