TV番組から学ぶ

モスクや礼拝堂、そしてTVから、毎日決まった時間に
流れてくるコーラン。そのメロディーが耳から離れなく
なってしまった。

TVは基本的に、女性のヌードやエッチなシーンは禁止なので、
外国の映画を放映する時などは際どいシーンの寸前でカットされ、
シーンの変わった辺りから再び放送される。
これではストーリー性が不自然になったり、
キャラクターの奥深さが出ないのではないか、などと思うのは
ボクがスケベィだからだろう(笑)。

お気に入りのドラマは『ムティヤラ・ハティ』。
日本の『おしん』のようなドラマで、主人公の女の子と
その母親が、あからさまに意地の悪そうな人達に
虐められながらも、アラーの神を信じ、強く生きてゆくドラマ。

『プトュリ』はコメディタッチのホームドラマで、
主人公のプトュリ役のノラ・ダニスが可愛いくて、
このドラマを観るのが毎週欠かせなくなっている(笑)。

日本の子供向け番組もこちらでは人気で、
『NARUTO』『名探偵コナン』『鋼の錬金術師』などが
放送されているけれど、すべてマレー語吹き替え。
これが意外とマレー語の勉強になったりするので面白い。

また、こちらのクイズ番組の賞金の額から、
マレーシアの人々の金銭感覚を探ってみたり、
最近はほとんど理解出来るようになったニュース番組を
毎晩のように観ている。

そして部屋の灯りも消えた午前0時過ぎ。
ニュース番組の最後に流れる世界の都市の天気予報。
「TOKYO 5℃」の文字に、
「まだ帰りたくないねぇ。」と独り言をつぶやきながら、
TVの灯りだけが照らされるその部屋で、ボクは今夜も眠りにつく。

(コメントを書く)