小さな手に誓うコト

キラキラした目で笑うキミの
キミの瞳にボクは
いったいどんな風に映ってるんだろう

キラキラした日溜まりの道に
伸びるふたつの影が
離れぬよう離さないよう手をつなごう

キミの遠い未来まで 付き合う事は出来ないけれど
それでもボクは星となり その頬を撫でる風となり
いつだって どこでだって そばに居るから

今は約束のひとつも
守れないでいるけど
いつかきっと いつかきっと
_____________その小さな手に誓うコト

(コメントを書く)