愚かしき羊の群れ

最近のパチンコ台は、当選確率の甘い「遊パチ」と呼ばれる台を
除くと、ほとんどの機種が約315分の1〜約399分の1の確率で当たりを引く。
ま、店側がホールコンピューターによって全ての台の出玉を
管理・調整しているので、この確率も一概にあてにはならないのだけれど、
それはちょっと置いておいて。

要するに、玉がスタートチャッカーに入った瞬間に、
パチンコ台内部のROM回路で乱数カウンターによる抽選が行われ、
そのほとんどが「ハズレ」、たま〜に当たりを引くというわけ。
だから液晶画面の演出やプッシュボタンは抽選とは無関係なのだよ。
乱数に興味のある人は「パチンコ 乱数」で検索してみるがよろし。

なのにだ。
右隣のおばちゃんはリーチの度にプッシュボタンを
その振動がこっちにまで伝わってくるぐらいバンバン叩きやがるし、
左隣のオヤジはこれまたリーチの度にガラス面に指を指して念じている。
そんな愚かしき人達に挟まれたボクはボクで、ハンドルを握りながら、
ホールの天井から愚かしき羊たちを見張る監視カメラを睨み続ける___。