春目前

耳の術後診察の為に行った某大学病院のロビー。
そのロビーのど真ん中で、周りを行き交う人々よりも
頭ひとつ、いやふたつほど飛び出ているその恰幅の良い男性が
腕組みしたまま仁王立ちしている。
「どこぞの組の親分さんか?」と思いきや、
往年の大投手・江夏 豊氏だった。
当然、病院に来る用事があったのだろうけれど、
なんであんなトコで仁王立ち?_______と、
ヤクザ映画のワンシーンにも似た
非日常的な風景の余韻を引き摺りながら、玄関を出た。

駅へ向かう途中、病院に併設されている大学入り口で、
袴姿の女学生達を見かける。卒業式らしい。

寒い寒いと口癖のように言う毎日。
でも、確実に春は目の前まで着ているのだね_______。

(コメントを書く)