Jazzの敷居

「Jazzってそんなに小難しくないよ。」とは
Jazz素人のボクとしてはとてもとても言えない。
けれど、Jazzというジャンルを敬遠している
この間までのボクみたいな人たちに
「いやいや、意外と楽しいかもよ。
 ホラ、ロックなボクでもこんなふーに。」と、
ボクなりのスタイルで、その「Jazzの敷居」を下げて、
楽しませる事が出来れば、それでいい。
うんちくとか小難しい小言は玄人に任せておけばいいわけだし。
だから「henssimoと同じでしたね。」という演奏終了後の
誰かの感想も、そりゃそーだ。それがボクだもの。

ギタリストI氏率いる変態Jazz Bandのライブに参加した今夜。
henssimoでのステージが「よそ行きの服来て泥遊び」な感じなら、
今夜は「少し高いジャングルジムで鬼ごっこ」的なドキドキ感
満載のライブだったのだよ。
ま、ボクが遊べるのも、周りのプレイヤーが上手いからこそ
なのだけれど。

BGMはマイルス・デイビスで「Seven Steps To Heaven」___。

(コメントを書く)