昭和とご近所

「ツカサくん、前持ってきてくれた分、全部売れたき、
 またCD持って来てー。」という土佐のはちきんなママの
営む新宿ゴールデン街のバーへ。

店の常連さんたちと
「子供の頃、どんな悪い遊びをしたか」について話したのだけれど、
ボクのしてきた遊びは、どうやらその遊びのほとんどが限りなく
犯罪に近いというか、もしも今の子供たちがそんな事をしたら、
ニュースに出てしまう事ばかりで、つくづく「昭和」という時代は
子供にとっても良い時代だったんだなぁ、と「時代」に委ねて、
自分のしてきた事を良しとする勝手な解釈のボクに、常連さんの1人が、

「それは単に近所のオトナたちの心が広かっただけでしょ。」
__________________________なるほど。