ご馳走だ!!

一足先に日本に帰国する友人二人に
とっては今晩がこの島で過ごす最後の晩なので、
島に連れてくる誘い文句のひとつでもあった
「殻ごと食べられるワタリガニの唐揚げ」を食べる為に、
パシボガにあるチャイナレストラン「Yee Lin」に行く。
パシボガはボクらが滞在しているトロッニパーから車で10分ほど。
フェリー乗り場のあるパンコールタウンとトロッニパーの
中間辺りに位置する。

この島に来て以来、毎日世話になっているノンさん家族を
招待する事は始めから三人で決めていた事なのだけれど、
ノンさんの家には車がなく、ノンさんの家がある村から
ここまで全員揃っての移動はなかなか困難を要する。
そこで、以前ノンさんのボート屋で働いていた事もあり、
ボクとも古いつき合いのマッツに車で来てくれるように
頼み、これでなんとか一人も欠ける事なく総勢9名、
無事にテーブルを囲む事が出来た。

で、この日のメニューはというと、
まず近所の屋台から持ち込みの鶏のサテー(焼き鳥)。
↓手前の甘辛ピーナッツソースにつけて食べる。旨い。


次に、これも材料は持ち込みで、
数日前ノンさんの息子サイフルが捕まえた3kgの大イカ。
その身1kgほどを持ち込んでの唐揚げとオイスターソース炒め。
↓イカの唐揚げ

↓イカのオイスターソース炒め

↓そして次に、蒸し魚の甘酢かけ。


↓それと、シュリンプのサクサク揚げ。これもめちゃめちゃ旨い。

↓で最後に、脱皮したてのワタリガニのシャクシャク揚げ。

食感がサクサクというよりシャクシャクなのでシャクシャク揚げ。
そりゃあ誘い文句にもするだろうと一同が納得する一品!!

この他にも「揚げ出し豆腐の甘酢かけ」や
「煮キャベツのガーリックソースかけ」やスープ、白飯、
それに各自の飲み物+チャイニーズティーなどを頼み、
テーブルの上は大賑わいな状態。
ノンさんがスープやオカズなどの給仕をしてくれる中、
みんなで楽しく食事をし、さぁ会計は……。
合計金額155RM(約4200円)。9人で腹一杯食べても4200円。
持ち込みサテー(焼き鳥)と材料のイカ切り身はノンさん持ち
という事もあるけれど、それにしても安い。しかも旨い。

さて明日はいよいよ友人二人を首都クアラ・ルンプールまで
無事に送って行ってやらねばならぬ。子供じゃあるまいし、
一人で帰れるだろ。いや二人ならなおさらの事。
あーなんて面倒臭いったらありゃしない。
後で払うからとりあえず此処まとめて払っておいて____。

(コメントを書く)