死を身近に感じる時

___旅先で死ぬとしたら、ひょっとしてコレかも。
と、今までに何度か思った事がある。
1度目はベトナムのとある田舎町で頭にライフルを
突きつけられた10数年前。
2度目は最初に手足に水疱が出来て、その痛みと
痒みに苦しんだ8年前。
3度目は2年前のクアラ・ルンプールで遭った強盗団と
言いたいけれど、それよりもパンコール島の海で
鼓膜が破れた瞬間。
そして4度目がまさしく今なわけで。
万が一助かっても普通の怪我じゃ済まんだろーね、うん。

そんな事を頭の片隅でずっと思いながら、
宙ぶらりんの足下に広がるランカウイの海や
遠くに見える島々を鳥の目線で眺めた数分間。
いや高いのなんのって。正直怖かった。

↓なすがままの状態

↓着地する少し前。ベルトが股間に食い込んで痛いんじゃっちゅーに。

※パラセイリング1ラウンド60RM(約1,650円)
ランカウイ島にて

(コメントを書く)