伊平屋島2010後記

この日記では書ききれぬほどの、
たくさんの出来事と旅の思い出はあるけれど、
一番の思い出は、初日、沖縄本島で泊まったホテルの
浴室に、来年からはホテルを変えようと真剣に思うほどの
バカデカいゴキブリが出没した事か。

いやいや、違うだろ。
日の出と共に一斉に鳴き始める島のクマゼミたちの
鳴き声に、毎朝一度は目を覚まし、その数時間後には、
朝食を知らせに親切なオカマが叩くドアのノック音で
目を覚ます事か。

いやいや、それも違うだろ。
一番の思い出と言ったら、ホテルの子供と一緒に
両手一杯に捕まえたクマゼミをA女史の部屋に
解き放ち、本気で泣かれた事か。
いやぁ、この歳にもなって色恋沙汰以外で
女子を泣かすなんて思わんかったから深く反省。
来年は鳴き声のしない生き物にしよう。

いやいや、それよりもっと他にあるだろ。
恋愛に縁遠い友人Fが
ユタでもあるおかーさんに今年も見て貰った結果、
落ち武者の守護霊が憑いていたのが解った事だろ。
これからヤツを落ち武者と呼ぼう。

いや、それもきっと違うのだろうけれど、
とにかくクマゼミは1日中鳴きっぱなしというわけでもなく、
主に午前中と人間に捕まった時に鳴く事は解った_____。

(コメントを書く)