二回目と二代目

未だ背中に背負ったモノの重みをけっして忘れたわけでは
ないのだけれど、それでも敢えて言うなれば、
たぶんこれから先もずっと、オッサンを騙すのが上手な
手練れの乙女たちに適当に騙されるのだろう。
いや騙されるに違いない。
けれど今度は、最後の最後に帰るべきその場所を
見失わぬよう、その窓に灯りが灯る限り、
今度こそ今度こそ己の眼を開けてその場所へ帰ろう___。

平成23年4月5日午前6時7分、
234567な右肩上がりな本日大安吉日。
所管区役所に婚姻届けを提出し、
ここに「冨岡ツカサ二代目嫁」の誕生しました事を
謹んでご報告いたします。


区役所まで道も迷わんで。2回目やし。