再びのキミドリ

今度は耳の後ろがムズムズするので、その場所を指でなぞってみると、
また小さな尺取り虫が。え? オマエはたしか数時間前にキッチンの窓から
外に逃がしたはずでしょ? それとも別のヤツ?
____いったいこの部屋には尺取り虫が何匹いるのか、
それとももはや自分の身体が尺取り虫を生み出しているのか、
それともあれか、あの人の化身か? ならばしばらくこの腕で一緒に遊ぼうか。
そんな事知ったこっちゃないと、ソイツはボクの腕で懸命にボクを測り続け、
ボクはボクでソイツが床に落ちないように、そっと腕をいろんな角度に捻る、
そんな真夜中________________________。