帰省の目的果たせぬままに

冨岡ツカサ (2013年10月15日 23:59) | コメント(0)

腰が痛いにもかかわらず弟の店で少しだけ唄い、
腰が痛いにもかかわらず友人の店でクダを巻き、


腰が痛いにもかかわらず
冷え込み厳しい夜明け前の街を徘徊し、


腰が痛いにもかかわらず
思い出が詰まった赤い橋を眺め、


腰が痛いにもかかわらず
明け方に流しのタクシーなんぞ捕まらず、
ブルブル震えながら実家の玄関のドアを
開ける午前6時半___________________。