Hey! カール! ぢゃなくてポール!

「ポールに会いに行ってきます。」
「ポールに会いに来た!!」
「ポール最高に良かった!!」
呑み屋で、Facebook上で、メールで、ついでにLineでもポール、ポール。ここ数日、ポールの名前を見聞きしなかった日がないぐらい誰もかれもがポールである。

もちろんポール牧ではない。ポール牧に会うにはあの世への切符が必要で、ここでのポールは11年振りに来日を果たした元ビートルズのポール・マッカートニーの事である。今夜が日本ツアーの最終日だったのだ。
御年71歳。たぶん、生のポールが見られるのは今回が最後ではないかと巷で囁かれる今回の日本ツアーでのステージ上の彼は限りなく自然体、且つ、71歳とは思えぬほど限りなく情熱的であったらしい。ビートルズが好きな人からすれば何度も涙がチョチョ切れる場面もあり、「ジョンの為に唄うよ。」「ジョージの為に唄うよ。」と、亡きメンバーの曲を歌うポールや、アンコールに東北の被災地に向けて『イエスタデイ』を唄うポールと一緒に、同じ空間で同じ時間に同じ歌を唄いながら、最高の夜を過ごせたと友人の1人は語る。

あーぁ行けば良かった、ちくしょ。
しばらくビートルズの曲を聴く度にモヤモヤした思いに駆られる事間違い無しの木曜日____。

(コメント募集中)