心の凝りをほぐしておくんなせー

「肩の可動域が極端に狭すぎますね。あと、それに此処もダメ、此処もダメ。つまり重症ですね。」

ここのところ身体の疲れがなかなか取れない為、身体の調整にと向かった整体マッサージ店。
次から次へとボクの身体のいたる部分をダメだダメだと指摘してくる女性整体師さんに「もともとコイツが一番ダメな悪いヤツなんです。」と困り顔で自分の股間を指さす、そんな行きすぎた洒落っ気を初対面の人に披露する勇気など毛頭なく、「ほぉほぉ。」と一見すると少し知恵の足らぬ者が解ったフリをして聞いているような表情で、壊れた振り子細工のように頷き続けた結果、さらに来週も通う事となった店側からすれば"良いカモ"になった帰り道。

そりゃあ長いこと斜に構えて生きてくりゃあ身体も斜に曲がってくるわ。と、まるで喧嘩相手がいなくなってから強がるこの男の一番曲がっているのは根性だと思うのですよ___。