断捨離の挾間で

前回に続き、依然、自室の片付け作業が難航中なのだよ。
そこでたぶんこの先も指一本触りはしない物を、場所を取る順に上げてみると、"弾かなくなって久しいギター4本"→"今や年代物のアナログシンセ"→"壊れて久しいトランペット"→"機材置きにされているコンガ"etc…と、どれも楽器ばかりで、同じくこの先たぶん使いもしない、しかも音楽とは全く関係の無い"軟式グローブ"だったり"渓流釣り竿"だったりが「いやいやボクたち楽器類ほど場所を取ってないし。むしろキミ自身の自己形成にはそこのギターたちより、活躍した方じゃない?」と、多くの思い出たちを味方にシラーッとクローゼットの棚からこちらを見下ろしているのが腹立たしい。

どれから捨てよう。なにから吹っ切ろう____。