アナタ、納め過ぎてませんか?

毎年この時期に届くのが、区の無料健康診断へのご案内書類と都民税・区民税の支払い用紙。今回は、後者の都民税・区民税のお話。

少ない稼ぎにもかかわらず毎年ちゃんと律儀に税務署に提出している確定申告書類に基づき、都民税や区民税、所謂、住民税というものが算出されるわけですよ。で、今回、その額が例年よりちょっと多い。多いと言っても、これを読まれているアナタの足下にも及ばない程の額なので、小っちゃな升の中で小っちゃなコビトが騒いでいる世界のお話だと思って読んでね。

さて、前年度に仕事が多かったのなら話は解る。でもCDがバカ売れした覚えもなければライブで荒稼ぎした覚えもない。そこで、税務署に提出した確定申告書類の控えを取り出し、それと照らし合わせてもやっぱり何処か腑に落ちない。

ここでポイントとなるのは「収入金額」と「所得金額」。これらふたつはまったく別モノだという事は自分のような自営業者の方ならお解りになるはず。「収入金額ー経費=所得金額」で、その「所得金額」× A%(市町村によって違う) = 住民税なのですよ。
自分の住民税が書かれた用紙と確定申告書類のひとつひとつの金額を照らし合わせてゆくと、収入金額は双方とも一緒。異常なし!! けれど問題は、住民税の通知書に記載されている「所得金額」が、確定申告書類のそれとまったく違う。というか、そもそもこの謎の所得金額はいったい何処から導き出されたのか? 同封されていた書類すべてに目を通してもその算出方法は見つからず、区のHPを見ても見つからず。

うーん、これは区役所に聞きに行くか。金額が金額なので直接聞きに行く事それ自体も恥ずかしいし、これじゃあ某都知事の騒動でお馴染みのSekoiが自分にも当てはまるよなーとも思ったのだけれど、納得出来ないまま税金を納めるよりは、どうせ納めるのならちゃんと理解した上で気持ち良く納めたいと思い、行ってきました区役所税務課

で、結論から言うと、やっぱり間違ってたのですよ住民税の金額が。ほーらね。
原因は、税務署と役所の行き違い。元はと言えば自分が間違った様式で提出していた確定申告書類に問題があるらしく、「自営業」である自分が、書類上では「定期的に給与を貰っている人」になっていたのですよ。「いやいや、自分は自営業ですよ、ホラねここに経費やらなんやら書いて、総収入からそれらを差し引いた「所得金額」が誠にお恥ずかしーわけですけれどもコレなわけで。」と、持参した確定申告書類の内の「収支内訳書」を見せて、初めて担当の方も税務署との行き違いに気づいてくれたわけで。

ちなみに、一番最初に疑問に思った「そもそもこの謎の所得金額は何処から導き出されたのか?」の計算方法が書かれた用紙も見せて頂き、やっぱり同封書類にも役所のHPにも載せていないらしく、今後の参考に貰って帰ってこようかとも思ったのだけれど、オイラのような自営業者には関係無い物なのでそれは遠慮した。

ただ、確定申告というものをやり初めてこの方、長きに渡り間違った様式で提出していたにもかかわらず、何故今回だけこの「行き違い」が起きたのか? という疑問だけが残る。まさか、今回は某都知事の退職金を賄うためにわざと!? いやいや、それはない。等と、思いを巡らしながら、何故か自宅とは反対方向の歌舞伎町に足を向ける金曜日____。