2016年ラストメッセージ

3年振りに国内でしかも東京での新年を迎えるカタチとなった大晦日の本日。

今年はこの日記のようなモノの更新頻度も少なく、何度も此処を覗いては同じ日付のそれに、ったくやる気あんのかよ、と舌打ち混じりに突っ込まれたそこのアナタ!! ボク自身がここまで辿り着けぬ言い理由なら山ほどあるのだけれど、それを並べてたてても詮無き事。来年は今年よりも多く更新してゆこうと思っているので、気が向いたらいつでも覗きに来ておくんなさいまし。と言う舌の根も乾かぬ来月13日から、またまた南へ飛んで行くのだけれども。

さて今年最後のメッセージを。と言っても自分自身にとってアナタに伝えておきたい事は年の節目はもちろんの事、その都度都度ここに書いてきたつもりだし、奇をてらって今更まったく逆の事をほざくつもりもさらさらないので、感の鋭いアナタなんかは、なんだ言い方を変えただけぢゃんかと眉をひそめるやもしれぬけれど、そこら辺はそのひそめた眉のままそーっと薄目に、そして生暖かい御心をもって受け止めて下され。

____コホン。
来年もまたボクと逢うかもしれないアナタと、もう二度と逢えないかもしれないアナタへ。
どうか元気で、そしてどうかなるべく笑っていて下さいまし。アナタがそうしていてくれるだけで、こちらまで幸せな気分なのですよ。

____要するにだ、うん。

アナタが生きていてくれるだけでこの星は美しい。
BGMはBobby Mcferrinで『Don’t Worry Be Happy』___。

(コメント募集中)