清潔そうに見えるヅラないですか?

____ボッサボサである。おまけにクネックネである。
自身の年齢と家系を考慮すると、明日薄くなっても禿げあがってもおかしくはない。
なので、これが伸ばせる最後のチャンスだとも思っていて、暫くはこのボサボサクネクネを謳歌したいのだけれど、もうじき娘(もうじき3歳)の七五三の写真を撮らねばならず、家内には「アナタが死んだ後も残るでボサボサにスーツ姿の父親が」と遠回しに散髪を促されている。

パンチパーマにスーツという昭和スタイルにも憧れはあるにはあるけれど、ただでさえボサボサ頭に手櫛を入れて掻き分けただけで次から次へと抜け落ちる根性無しの地毛たちがパンチ用コテの熱に耐えられるとは思えないのでパンチは無し。

とりあえず再来週までになんとかせねばならんという、まだ地毛が元気な人や既に禿げあがって諦めのついた人にはどーでもいい、そんな人生の決断を迫られている9月末___。

日記