JALの対応に怒り!!

「キャンセル待ちの案内アナウンス無かったでしょ?」
「はぁ?呼びましたよ。」
「いやいや、館内アナウンスでちゃんとしとけばさ、
 ボクだってちゃんと乗れたはずでしょ?
 目の前に居たんだからさ。」
「はぁ?肉声でしましたが?何か?」
「ちょ、ちょっと待ってよ。もしもボクが難聴なら
 どーすんの?今と同じ言葉返せるの?」

らちのあかないやりとりがJAL地上勤務員と
ボクとの間でしばらく続いた。いくらゴネたところで、
乗れないモノは乗れないと解っているのだけれど、
何が腹立つってその女性地上勤務員の態度。
「はぁ?」って何だ!?「はぁ?」って!!
人を身なりで判断したような目つきも不快極まりない!!
「JALは誰に対してもそういう態度を取るんかコラッ!!
 こっちは株主やぞ!!(少数だけど) 上のモン呼べや!!」と、
よっぽど怒鳴ってやろうかとも思ったけれど、
徹夜明けの上に、4時間の空港内漂流の疲れもあって、
すごすごと再び到着ゲートから出てきたのだよ。

不親切なその女性スタッフのせいで、高知での仕事はキャンセル。
自分でも責任を感じていたし、楽しみにしていた仕事だけに
やりきれない思い一杯で、リムジンバスに乗り込んだ__。

そんな事情がありまして、
高知のCF制作会社ならびにクライアントの方々には
多大なご迷惑をかけた事をこの場を借りてお詫びします。

(コメントを書く)