ソイツはたぶん、こんな夜更けにその堅い甲殻で覆われた体を洋服屋のおばちゃんにモップの柄で何 ...

一日中ボートに乗っていると、いくら船酔いしないボクでも、ユラユラ感がホテルのベッドに横たわ ...

クカサ、クカサと毎日のように道路の向こうからボクに手招きしてくれる、フルーツ売りの夫婦の愛 ...

暇な時は昼でも夜でもあちこちのビーチに呼ばれ、そこで潮風に朽ちかけたギター片手に唄っている ...

知り合いと云ふのは時に困るもので、それなりの優遇も受けられる代わりに、その反対もあるわけで ...

病院での点滴と貰った薬が効いているせいか、多少は腹のグジグジ感は残るものの、水下痢地獄から ...

なんとか短時間ならトイレの便座から離れる事が出来はじめたので、旅行保険書類を片手にフラフラ ...

2代目・嫁ハナモゲラッチョ・セバスチャンを空港まで見送った翌日、朝から水下痢と悪寒にみまわ ...

あちこちに立ち寄るノロノロなバスで5時間かけて首都クアラ・ルンプールに着いた時にはもーヘト ...

年末年始を利用してこちらで合流した2代目ハナモゲラッチョ・セバスチャンを国際空港のある首都 ...