(平井堅をイメージしてね)キミがいつでも温めてくれたキミに包まれポッカポカボクらの事情も解 ...

加齢臭のする枕カバーやら衣類やらを洗濯機に放り込み、上の階から順に掃除機をかけてゆく途中、 ...

TVの中の綺麗なお姉さんたちが伝える天気予報に「じゃあなに? このコタツはもう要らないのか ...

やたら制服警官たちと彼らに職務質問される人々が目につき、何か事件でもあったのかと思わせる今 ...

なんだこの冷え冷え感は。寒すぎるぢゃないか。コタツ、片付けなくて良かったよホント。連日連夜 ...

突然、自分自身の加齢臭に気づく。そのショックと哀しさったらありゃしないぜ。 真夜中にもかか ...

昨夜遅く、友人Fが自宅にやって来たのですよ。ボクはボクで昼夜逆転を直すべく、一昨日から起き ...

"ひとひらの 花びらつけし此の肩を 指でなぞりて キミを想わん__"            ...

新宿ゴールデン街からの帰り道。街灯の下をくぐる度、コンビニの袋を下げた自分を追い抜いてゆく ...

甥っ子たちに別れも告げず大急ぎで空港に向かった甲斐もあり、定刻よりも余裕で空港に到着。顔な ...