日曜日の午後

朝や昼や夜や晴れや曇りや雨や雪や風や。

その様々な大きさの円たちは各々の角度に傾き、
各々の速度で回転していて、
互いの円周が交じり合うその部分で、
笑い合ったり愛し合ったりケンカしたり。

いつかは別れが来る。その円の回転速度を
コントロールするコトなど誰にも出来ない。
出来ないからこそ、大切な人と交じり合ったその『時』を、
意地やメンツなどというつまらぬモノで
グチャグチャにしたり壊さないように、大切に大切に。

______フライパンの上の目玉焼き。

(コメントを書く)