伊平屋の土産話(台風一過)

根元からポッキリ折れた防風林。
児童公園の汽車の屋根。
海辺の砂。
ヤドカリ。
ウミヘビの死骸。
エイの死骸・・・etc。

どれもこれも台風で飛んできたり、
浜に打ちあげられたモノ。

何故か生きたスッポンまで。淡水生物なのに。
スッポンはホテルの子供達が飼い始めた。
“ポンちゃん"と命名。
「喰おう。」と言ったら子供達に怒られた。
午後、ポンちゃんの餌を獲りに、
子供達と海岸へカニやエビを捕まえに行く。

___太らせて、来年来た時にでも喰ってやろう。

(コメントを書く)