出てません寝てません

マレーシアからは土産や買い物代行願いの連絡が多くなった折、当のボクは何処にも出掛けられない缶詰状態のまま、もう何度も徹夜をしては途中意識を失う日々を送っている。

「ライブ会場のプロジェクターが使えるんなら。」
来月70歳を迎える板前の友人のパーティー。彼と旧知の仲のミュージシャンたちが数多く参加するそのライブ・パーティーに、日本不在のため出席出来ない申し訳なさから出たその言葉がこの眠れぬ日々の始まり。

20年前の彼の再婚披露パーティーの席で「サルの着ぐるみ」姿で彼ら夫婦に贈ったオリジナル曲をまずは音源として形にし、これは餅は餅屋で3日ほどで出来上がったのだけれども、さて問題はその曲にどーゆーふーに映像を乗せてゆくかが問題なわけで。そこで考えたのがイラストを織り交ぜたお祝いPVなのだけれど、考えるは易し行うは難し。

遠のく意識に垂れた頭から落ちてくる老眼鏡を掛け直し再びサインペンを紙に走らせる、そんな日々の中、ハッと気がつけば旅支度も出来ぬまま出発まで10日を切ってしまった今、一年の締めくくりが「仕事」でもなんでもないのに、ここまでフル稼働するのはまぁなんとも自分らしいっちゃーそれまでなのだけれども、未だ出来ていない動画撮影や編集の段取りを考えるに、この眠れぬ日々の出口が見えてこず、焦りと不安の色の方が次第に濃くなる出発までのカウントダウン__。

上の人相の悪いオヤジの顔に心当たりがあるアナタは来月、新宿某所で開催されるライブ・パーティーに是非参加してあげてね。お問い合わせは本人もしくは関係者まで。