10月なのに30℃越え

長時間パソコンの前に座っているせいで凝り固まった首筋をほぐす為、周囲の目も気にせず、グリングリンと頭を振りながら歩くうどん屋までの道すがら、季節外れの暑さと連日徹夜続きですでに溶けかけのアイスクリームな脳みそが、その頭の動きで攪拌され、耳からこぼれ落ちるんぢゃなかろうかと心配になり、動きを止めたと同時に視界に入ってきたビルの壁のポスター。

其処に貼られている来月から開催される酉の市のポスターに、嗚呼、こんなに暑くても、すぐに冬はやって来るのだなと季節の移ろいを感じながら、例年であれば毎年、この時期ぐらいからマレーシア・パンコール島に行く準備を少しずつ始めるのに、今年はそれも出来ないのか、嗚呼、つまんねー、神も仏もありゃしねー、と季節外れの陽気とは裏腹に薄青色した秋の空を見上げる神無月。

アンタ、4月に帰国してまだ半年しか経ってないぢゃないというツッコミは聞こえない、聞きたくもない___。

(コメント募集中)