ああ、今年も行くよ

漫画家の故・はらたいら氏に初めて連れて行って
もらった時から、もうかれこれ17年。
それから毎年、始めはボクと元嫁と
henssimoのギターでもある冨士との3人で
始めた沖縄・伊平屋島への旅も、
途中、ベースのルイスや著名人ではいとうせいこう氏なども
参加してくれて盛り上げてくれたり、その後、
ボク自身の人間関係が大きく変わった離婚の年の前後こそ、
ひとりぼっちで行っていたけれど、
それでもボクの後から合流してくる新宿2丁目のマスターを
始めとする常連チームの面々に支えられたりしながら、
一昨昨年は、離岸流に流されたFくんとHちゃんの
救出劇があったり(2007年7月10日付:伊平屋の土産話)、
昨年は友人Fの協力もあり、小さいながらも初めて伊平屋島で
ライブ(2009年7月12日:沖縄・伊平屋島の土産話)も出来たり
しながら、今に至っている。

去年から旅の形態が少し、いや待てよ、少しじゃない、
心優しい3Lフィリピン人ダンサーの彼女の気前の良さと
運転をしてくれる友人Fのおかげで、
移動手段が今までの高速バスから高級レンタカーに変わり、
島のビーチでの過ごし方が、炎天下で日陰無しの状態から
高級テント2張と一人にチェア一脚付きになり、
少しどころの話ではなく大きく様変わりした。
で、今年の夏も行く予定ではいるのだけれど、
去年まで初日に名護で泊まっていたホテルだけは、
同行者たちの多数決により変更を余儀なくされそう。
ボクは好きだったのに「はさみ虫の出るホテル」。

只今、ツアーメンバーを若干名募集中。
期間は7月7日〜14日。費用はだいたい毎年10万円以内で
収まっているのでその辺を目安に。
沖縄の離島の自然や島民の方々との触れ合いを経て
何かを得たい人、また純粋にその翼を休めたい人、
テントポール用の穴をボクらと一緒に掘ってくれる人、
還暦過ぎたオカマ(2名)に優しく接してくれる人、
お待ちしております________________。

(コメントを書く)