照るしのウタ

汚れの無い瞳でこっちを見てくれている
この島の子供たちへ_________。

この先、オトナになったらね、いろんな事があるぜ。
今のまま、セミを捕まえたり魚を釣ったり、
学校の宿題に鉛筆プランプランさせたり出来ないくらい、
ホントいろんな事に汚されてゆくんだこれが。
だからさ、汚れるななんて無責任な事言えんし、
どーせならゆっくり適度に汚れてゆけばいいさ。
でも、ひとつだけ覚えておいて。
この島の本当に良いトコロを忘れなければ、
オトナになっても、汚れた心のずっと奥の方で
キラキラ光る宝物が、オマエらに必ず勇気をくれるから。

今はまだ難しいかもしれんけど、いつかオトナになった時、
今夜のツカサにぃにの言葉を思い出してくれよ_____。

月よ月よ今夜も照らせ
余すトコなくすべてを照らせ
人恋しくて涙が出そうで
見上げた空に宵待ちの月

海よ海よすべてを包め
叶わぬ夢もアナタの涙も
寄せては返す波に戯れれば
あの日の母の手のひらのように

海ぬ彼方から 吹ちゅる風(かじ)や
うんじゅぬくとぅばん 運びちゅる

笑って 笑って なんくるないさ
笑って 笑って なんくるないさ
今日も生きる 照るしの島で
今日も願う  照るしの島で

(コメントを書く)