疼きに蓋をしたままで

一応ミュージシャンなので、曲や詞の創作意欲だとかライブやりたいだとか、そーゆートコロが疼くのは当然っちゃー当然ではあるけれど、それよりも南の島、沖縄・伊平屋島やマレーシア・パンコール島へ行きたい疼きの方が勝ってしまうのは、どうやら本格的に寒くなり始めた気温のせいだけではないようで。

新型コロナ渦以前は、それらの疼きを誤魔化す為の方法がいくつかあったのだけれどそれらも感染のおそれがあり出来ず、このままワクチンが打てるようになるまでただひたすら指を咥えて待つという完全受け身なのが、どーにもこーにも嫌でならない12月___。