幸せとの距離感

「しば魂2009」の準備に引っ越し準備も重なり、
このクソ忙しい最中に、明日からしばらく東京を留守に
しなければならない。
ならば、寝る前に少しでも引っ越しの為の荷造りをしようと、
写真やアルバムの整理をしていた時の事。
さっきまでのボクの鼻歌を止めたのは、結婚式当時の写真だった。

そこに写る親族や参列者たちの祝福の笑顔をみるにつけ、
改めて感じる申し訳なさと、目に見えぬ荷物の重さ。
それらに潰されぬよう、肺一杯に息を吸い込む真夜中。
TVの向こうでウサイン・ボルトが笑っていた_______。

(コメントを書く)